「もっと早く知っていれば、俺の人生違ったのに・・・」

「人生を愛する者よ。時間を浪費してはならない。
 人生は、時間でできているのだから。」

・・・と、ベンジャミン・フランクリンは言いました。


あなたが今、どんな人生を歩んでいるのかは、
あなたが今までに、どのように時間を使ってきたか、
で決まります。


それと同じように、あなたの将来の人生は、
あなたがこれから、どのように時間を使うか、
で決まります。


もしあなたが、

・もっと多くを達成して収入を増やしたい・・・
・朝から忙しく、気づけば1日が終わっている・・・
・やりたい仕事がなかなかできない・・・
・生産性を高め、労働時間を減らしたい・・・
・遊びや趣味や家族との時間を確保しつつ、
仕事もばっちりやりたい!

・・・と思うなら、このページで紹介されている、

「1日を40時間に増やす 億万長者の時間の使い方」

を読んでみるのがオススメです。


この億万長者の名は、ダン・ケネディ。

ダイレクトレスポンス業界では知らない人はいない、
指導者的な存在です。


彼は、、、

・朝から晩までびっしり詰まった仕事のスケジュールを
こなしながら、
・月に4種類のニュースレター/年に数冊の本を書き、
・クライアントのため/自分のビジネスのために
大量のセールスレターや広告を作り、
・アメリカ中を飛び回って講演活動を行い、
・年間150回以上もプロの騎手として競馬レースに参加し、
・コンサルティングやコーチングを行い、
・1ヶ月に本を10冊から12冊、業界紙やニュースレターを
50種類以上読んでいる、

という、時間の使い方のスペシャリストでもあります。


そんな彼の、”時間の使い方のテクニック”が
「本」になりました。

↓↓↓
http://directlink.jp/tracking/af/515105/9YoATOCW-22l1JG0B/


【人気本・超オススメ】広告の心理学

いつも訪問ありがとうございます。

兼松です。

もしあなたが、

売れる商品と売れない商品の違いを知りたい。

ヒットする広告と失敗に終わる広告の違いを知りたい。

ライバルの商品が売れて自分の商品が売れない理由を知りたい。

そもそも反応の取れる広告とは何か?を知りたい。


といったことに興味があるなら
きっとこちらの「現代広告の心理技術101」
とても役に立つでしょう。
⇒ http://directlink.jp/tracking/af/515105/OhCZrcqd/

なぜならこの本は数多くの実験結果から導かれた
「どうすればお客は行動を起こすのか?」という
顧客の行動心理を徹底的に解明した本だからです。


メルマガやアフィリエイト、
リスティングなどのネット関連の広告に限らず、

ダイレクトメールや雑誌広告などの
オフラインの広告に至るまで

文章で商品を販売する人間にとって
顧客が何を考えて、どう行動するのか
ということを”知っている”のは非常に重要です。


というのも、広告を見た見込客が
何に反応してどういうアクションを起こすのかという
「広告の心理学」を知ることで
実に簡単に商品を売ることができるからです。


そして、この「広告心理学」を知っていれば
高度なコピーライティングの知識も必要ありません。


この本は

・パワフルな広告、パンフレット、セールスレター、
ウェブサイトの作り方
・あなたの言葉を人に信じさせる方法
・人にレスポンスを返させる「ずるい」方法
・「魔法のような」ヘッドラインを書くコツ
・広告で絶対にやってはいけないこと

などなど、あなたが何をどう売っていようと
こうした「秘密」を学ぶことができる
特別な一冊になることでしょう。

⇒ http://directlink.jp/tracking/af/515105/OhCZrcqd/

「働き過ぎて貧乏な人の共通点」

「働き過ぎて貧乏な人の共通点」

あなたは、今あなたが得ている収入を
もっと増やしたくて、

・会社の誰よりも遅くまで会社に残って
 残業したり、、、

・土日も家族には我慢してもらって
 休日返上で仕事をしたり、、、

・新しい資格を得て会社から報奨金を
 もらおうと、仕事の後は家で勉強したり、、、

・もっと上司に認めてもらおうと、
 同僚の誰も手をつけていない
 新しいことをどんどん始めたり、、、

自分自身は努力してがんばっている達成感は
あるものの、心のどこかで

「本当にこのままでいいのか…」

という不安や疑問を感じ出していませんか?

世の中には、どう見ても自分ほど
肉体的にも精神的にも疲弊して、
どうにかこうにか稼いでいるのではなく、

もっと余裕で、仕事もプライベートも心の底から
充実しているように見える人もいる、、、

どうして、これほどの”違い”があるのだろう?
と不公平感を感じていませんか?

こんな”心の貧乏”を感じていた、
とある上場企業の元サラリーマンは、
あるとき、自分のサラリーマン人生の

「ハシゴの掛け違い」

に気づきました。

そして、ハシゴをかけ直して
人生を歩み直した結果、

将来への不安がなくなり、
家族との時間も確保でき、
肉体的・精神的な充実感を
感じられるようになりました。

また、会社に依存せずに、
自由に自分の収入をコントロール
することもできるようになりました。

彼のかけ直したハシゴの先には、
一体なにがあったのでしょうか?

http://directlink.jp/tracking/af/515105/QVu9XDIa/

[商品]:ウェブ・セールスコピーの法則
[著者]: マリア・ヴェローソ [監訳]:寺本隆裕


「成功する社長、失敗する社長」味方を増やす「口説き」の技術

件名:「成功する社長、失敗する社長」

<不思議なことに世の中には

人を次々に味方につけて
大きな仕事を成し遂げる社長と

才能ある人を引き寄せられず
いつまで経っても自分一人で
頑張らないといけない社長がいます。


一体、この違いは何なのでしょうか?

↓↓↓↓↓

http://directlink.jp/tracking/af/515105/5lG70Syu/

実際、味方になって欲しい相手を前に
魅力的な仕事や報酬を提示しても

なかなかYESを言ってもらえない
ケースというのはよくあるものです。


いくら、もっともな理由を並べ立ても
どんなに相手の利益を提示しても
見向きもしてもらえないのです。


では一体、人は味方になるかどうかを
どうやって判断しているのでしょうか?


それは信念と直感です。

いくら魅力的なオファーでも
自分の信念に合わないようなことは
協力する気になれません。


また、口説きのセリフが
直感に刺さらないようなら
話が魅力的に映ることはありません。


ですので、人を味方につけたいなら
相手の信念を考えて、直感に刺さる
口説き方をすればいいわけです。


しかし、直感と簡単に言っても
そもそも直感とは何なのでしょうか?

どうすれば直感に刺さるように
人を説得できるのでしょうか?


それを解説したのが本書
味方を増やす口説きの技術です。


この本は相手を味方に付ける方法を
4つの口説きのステップでノウハウ化した
味方を増やすためのマニュアルです。


ですのでもし、あなたが

取引先や上司を説得して
自分のアイデアの指示を取り付けたい。

顧客にYESと言ってもらえうように
プレゼンテーションを成功させたい。

能力の高い人をやる気にさせて
チームのメンバーに加えたい。

といったようなことを
考えてたことがあるのなら、、

是非、この新刊本を
チェックしてみてください。


↓↓↓↓↓

http://directlink.jp/tracking/af/515105/5lG70Syu/

味方を増やす「口説き」の技術
G・リチャード・シェル/マリオ・ムーサ著
期間限定
(90日間返金保証)

ザ・ローンチ ジェフ・ウォーカー著

ザ・ローンチ

著者:ジェフ・ウォーカー著

あなたは「プロダクトローンチ」
という言葉を耳にしたことはありますか?

プロダクトローンチというのは
インターネットを使って短期間で
爆発的に売上をあげるための販売手法です。

こう言うと「なんだか怪しい」と思う
かもしれませんが、実は既存の売り方に
「ある要素」を加えた方法に過ぎません。

もちろん、日本でも使われている
効果実証済みの非常に優れた方法です。

このプロダクトローンチを学ぶには
今まで開発者のジェフ・ウォーカー氏の
高額プログラムに参加するしかなかったのですが

今回はジェフが直々に本を書き下ろして
非常に安価にプロダクトローンチについて
学ぶことができるようになりました。

インターネット販売を考えているなら
まさに必携の書と言えます。

個人的にも大変オススメの本なので
是非、今すぐチェックして欲しい1冊です。


http://directlink.jp/tracking/af/515105/3vXxo39Z/

「右腕採用力」養成講座

いつも訪問ありがとうございます。

本日は、書籍の紹介です。

毎年毎年右肩上がりで伸びていく会社と
そうでない会社の違いは何でしょうか?

それは優秀な右腕の存在です。

優秀な右腕は責任を持ってくれるので
業務上の細かい判断や
トラブル対応といった問題に
社長自身が頭を悩ませる必要はなくなり

社長は本来の仕事である経営に
専念することができるのです。

中小企業にそんな優秀な右腕は来ない。
もしかすると、
そう思われるかもしれませんね。

確かにあなたに代わって事業を大きく
してくれるような右腕は来ないでしょう。

しかし、1億円規模のビジネスなら
回せる右腕は世の中にいくらでもいます。

それに右腕がいると
仕事が楽になるのも事実です。

問題はその人材が見つかるかどうかです。

もし、優秀な右腕が欲しいなら、、
是非、この本をチェックしてみてください。

↓↓↓↓
http://directlink.jp/tracking/af/515105/XCxTQFcz/

海外ユーチューバーが教えるYouTube集客術

いつも訪問ありがとうございます。

もしあなたがYouTubeで、

・新規顧客を獲得して売上アップに繋げたい。
・チャンネル登録者のたくさんいる自社メディアを構築したい。
・個人や会社をブランディングしたい。
・新しい広告媒体として関心がある。

のなら、、、

この新刊本、
「海外ユーチューバーが教える YouTube集客術」は
あなたにとって非常に役立つ1冊になることでしょう。

http://directlink.jp/tracking/af/515105/g85H602H/

2011年、米Googleが発表した情報によると、
過去1年間の動画再生回数が1兆回を超えた
巨大人気動画共有サイトのYouTube。

世の中には寝ても覚めてもYouTubeを見ている
YouTube中毒の人までいる。


さらに、米シスコが2014年に発表した
VNIレポートによると、

スマートフォンやタブレット端末の普及や
ネット回線の高速化で、ビデオを見る人が増加し
2018年にはほぼ8割の通信がビデオの閲覧になる、
と予測するなど将来性も十分。

どうやらYouTubeはすごそうだ、と
あなたはきっと新しい集客の手段として
YouTubeを試してみたくなったと思います。


ところがです。


試しに頑張って動画を作って
YouTubeに投稿しても
思ったほど反応がないことが分かります。

それどころか、動画を見てくれるのは
既存のお客さんのうちの一部の人だけ。

それでも何事も継続が大事と
成果のないまま何カ月も頑張っている。
という状況の人もたくさんいます。

なぜ、こんなことになってしまうのでしょうか?


それは、、、

↓↓

http://directlink.jp/tracking/af/515105/g85H602H/



なぜ、議論をしてはいけないのか?

いつも訪問ありがとうございます。

よくあるミーティングや会議中。

あなたは部下や後輩に、
こうすればもっといい仕事ができる、
いい結果が出るだろうと思って
助言やアドバイスをしたところ、

意見に耳を貸さないどころか、
あろうことか反発して口論になってしまった。
なんて経験はありませんか?


一体なぜ、こんなことが起きるのでしょうか?


その原因はほとんどの場合、説得や議論という
情報伝達の手段に問題があります。

一見、議論というのは
建設的な話し合いの場であるように見えるのですが、

一歩間違うと建設的どころか
意見や価値観の押し付けにつながってしまいます。


というのも、人間は
誰しも自分のやっている事は正しい。
と考えています。


皆、誠実に仕事をしているのです。

ですので、話し合いの中で
相手と見解の食い違いがあると、

誠実に仕事をしている
「自分のやっていることが正しく、
したがって相手のほうが間違っている」
と思ってしまうのです。


それなのに、誰かから
「間違っている」と指摘されると、
その人を自分の「敵」だと感じてしまいます。


そして、そんな状態のときに
自分の意見を押し通してしまうと
相手と対立して、

議論には勝っても人を動かすことには失敗する。
という結果にしかなりません。

では、どうすれば人は動くのでしょうか?


この本「リアル・インフルエンス」によると、、、

http://directlink.jp/tracking/af/515105/4DAbtmdh/


脳科学マーケティング 100の心理技術

脳科学マーケティング 100の心理技術

人の脳は不思議なもので私達の行動は
そのほとんどが無意識の内に決定されています。

実際、朝起きて、必死に考えてから
服を着て会社に行くという人はいないでしょう。
行動の95%は無意識に支配されているのです。

この95%の無意識の力を広告・販売戦術に
活用することはできないのか?

そう考えたのが、人気ブログ
「Neuromarketing(ニューロマーケティング)」
の執筆者、ロジャー・ドゥーリーです。

彼はカタログ販売のマーケターとして
頭角を現す一方、脳科学に興味を持ち、

最新の脳科学をマーケティングに応用した
「ニューロマーケティング」を研究。
この分野の第一人者となりました。

そして、このニューロマーケティングの
数々の研究結果をまとめたのが、この本
脳科学マーケティング 100の心理技術です。

価格が脳に与える影響やケチな人に売る方法
男性脳、女性脳の攻略法、などなど、
心理学や行動科学を元にした
大変興味深い心理テクニックが満載です。

非常にオススメの本なので
今すぐチェックしてみてください。

http://123direct.info/tracking/af/515105/Lcij7go5/

月刊ビジネス選書・初月無料お試し

臆病者の起業法 もしあなたが起業を考えていて さらに、

・お金をムダにするようなリスクは絶対にイヤだ
・仕事を辞めて全財産を危険にさらすなんて考えられない
・独立して自分でビジネスを始めるのは魅力的だが、うまくできるか分からない
・自分の行動に責任をとるのは当然だが、間違いを人に知られるのはイヤだ
・ときどき素晴らしいアイデアを思いつくが、どうしたらいいのかわからない

といったことに当てはまるなら、
この新刊本「臆病者のための科学的起業法」が
非常に参考になるかもしれません。

大半の新規ビジネスは、
ほんのわずかな過ちで失敗に追い込まれます。

しかし、そういった過ちの中身と、
過ちを回避する方法も学べば
失敗のリスクを大幅に減らすことが可能です。

この本の著者、マイケル・マスターソンは
10社以上年商10億円のビジネスを起業して
成功に導いてきた経験から

たとえ臆病者でも不安を打ち消し、
前に進む方法を見つけ出しました。
その方法を記したのがこの本というわけです。

そしてなんと今ならこの本が無料で手に入るそうです。
非常にオススメの本なので是非チェックしてみてください。

http://123direct.info/tracking/af/515105/ThXYQjIa/

期間 8/26(月)~9/4(水)








「もっと早く知っていれば、俺の人生違ったのに・・・」 [本]

「人生を愛する者よ。時間を浪費してはならない。
 人生は、時間でできているのだから。」

・・・と、ベンジャミン・フランクリンは言いました。


あなたが今、どんな人生を歩んでいるのかは、
あなたが今までに、どのように時間を使ってきたか、
で決まります。


それと同じように、あなたの将来の人生は、
あなたがこれから、どのように時間を使うか、
で決まります。


もしあなたが、

・もっと多くを達成して収入を増やしたい・・・
・朝から忙しく、気づけば1日が終わっている・・・
・やりたい仕事がなかなかできない・・・
・生産性を高め、労働時間を減らしたい・・・
・遊びや趣味や家族との時間を確保しつつ、
仕事もばっちりやりたい!

・・・と思うなら、このページで紹介されている、

「1日を40時間に増やす 億万長者の時間の使い方」

を読んでみるのがオススメです。


この億万長者の名は、ダン・ケネディ。

ダイレクトレスポンス業界では知らない人はいない、
指導者的な存在です。


彼は、、、

・朝から晩までびっしり詰まった仕事のスケジュールを
こなしながら、
・月に4種類のニュースレター/年に数冊の本を書き、
・クライアントのため/自分のビジネスのために
大量のセールスレターや広告を作り、
・アメリカ中を飛び回って講演活動を行い、
・年間150回以上もプロの騎手として競馬レースに参加し、
・コンサルティングやコーチングを行い、
・1ヶ月に本を10冊から12冊、業界紙やニュースレターを
50種類以上読んでいる、

という、時間の使い方のスペシャリストでもあります。


そんな彼の、”時間の使い方のテクニック”が
「本」になりました。

↓↓↓
http://directlink.jp/tracking/af/515105/9YoATOCW-22l1JG0B/


【人気本・超オススメ】広告の心理学 [本]

いつも訪問ありがとうございます。

兼松です。

もしあなたが、

売れる商品と売れない商品の違いを知りたい。

ヒットする広告と失敗に終わる広告の違いを知りたい。

ライバルの商品が売れて自分の商品が売れない理由を知りたい。

そもそも反応の取れる広告とは何か?を知りたい。


といったことに興味があるなら
きっとこちらの「現代広告の心理技術101」
とても役に立つでしょう。
⇒ http://directlink.jp/tracking/af/515105/OhCZrcqd/

なぜならこの本は数多くの実験結果から導かれた
「どうすればお客は行動を起こすのか?」という
顧客の行動心理を徹底的に解明した本だからです。


メルマガやアフィリエイト、
リスティングなどのネット関連の広告に限らず、

ダイレクトメールや雑誌広告などの
オフラインの広告に至るまで

文章で商品を販売する人間にとって
顧客が何を考えて、どう行動するのか
ということを”知っている”のは非常に重要です。


というのも、広告を見た見込客が
何に反応してどういうアクションを起こすのかという
「広告の心理学」を知ることで
実に簡単に商品を売ることができるからです。


そして、この「広告心理学」を知っていれば
高度なコピーライティングの知識も必要ありません。


この本は

・パワフルな広告、パンフレット、セールスレター、
ウェブサイトの作り方
・あなたの言葉を人に信じさせる方法
・人にレスポンスを返させる「ずるい」方法
・「魔法のような」ヘッドラインを書くコツ
・広告で絶対にやってはいけないこと

などなど、あなたが何をどう売っていようと
こうした「秘密」を学ぶことができる
特別な一冊になることでしょう。

⇒ http://directlink.jp/tracking/af/515105/OhCZrcqd/

「働き過ぎて貧乏な人の共通点」 [本]

「働き過ぎて貧乏な人の共通点」

あなたは、今あなたが得ている収入を
もっと増やしたくて、

・会社の誰よりも遅くまで会社に残って
 残業したり、、、

・土日も家族には我慢してもらって
 休日返上で仕事をしたり、、、

・新しい資格を得て会社から報奨金を
 もらおうと、仕事の後は家で勉強したり、、、

・もっと上司に認めてもらおうと、
 同僚の誰も手をつけていない
 新しいことをどんどん始めたり、、、

自分自身は努力してがんばっている達成感は
あるものの、心のどこかで

「本当にこのままでいいのか…」

という不安や疑問を感じ出していませんか?

世の中には、どう見ても自分ほど
肉体的にも精神的にも疲弊して、
どうにかこうにか稼いでいるのではなく、

もっと余裕で、仕事もプライベートも心の底から
充実しているように見える人もいる、、、

どうして、これほどの”違い”があるのだろう?
と不公平感を感じていませんか?

こんな”心の貧乏”を感じていた、
とある上場企業の元サラリーマンは、
あるとき、自分のサラリーマン人生の

「ハシゴの掛け違い」

に気づきました。

そして、ハシゴをかけ直して
人生を歩み直した結果、

将来への不安がなくなり、
家族との時間も確保でき、
肉体的・精神的な充実感を
感じられるようになりました。

また、会社に依存せずに、
自由に自分の収入をコントロール
することもできるようになりました。

彼のかけ直したハシゴの先には、
一体なにがあったのでしょうか?

http://directlink.jp/tracking/af/515105/QVu9XDIa/

[商品]:ウェブ・セールスコピーの法則
[著者]: マリア・ヴェローソ [監訳]:寺本隆裕


「成功する社長、失敗する社長」味方を増やす「口説き」の技術 [本]

件名:「成功する社長、失敗する社長」

<不思議なことに世の中には

人を次々に味方につけて
大きな仕事を成し遂げる社長と

才能ある人を引き寄せられず
いつまで経っても自分一人で
頑張らないといけない社長がいます。


一体、この違いは何なのでしょうか?

↓↓↓↓↓

http://directlink.jp/tracking/af/515105/5lG70Syu/

実際、味方になって欲しい相手を前に
魅力的な仕事や報酬を提示しても

なかなかYESを言ってもらえない
ケースというのはよくあるものです。


いくら、もっともな理由を並べ立ても
どんなに相手の利益を提示しても
見向きもしてもらえないのです。


では一体、人は味方になるかどうかを
どうやって判断しているのでしょうか?


それは信念と直感です。

いくら魅力的なオファーでも
自分の信念に合わないようなことは
協力する気になれません。


また、口説きのセリフが
直感に刺さらないようなら
話が魅力的に映ることはありません。


ですので、人を味方につけたいなら
相手の信念を考えて、直感に刺さる
口説き方をすればいいわけです。


しかし、直感と簡単に言っても
そもそも直感とは何なのでしょうか?

どうすれば直感に刺さるように
人を説得できるのでしょうか?


それを解説したのが本書
味方を増やす口説きの技術です。


この本は相手を味方に付ける方法を
4つの口説きのステップでノウハウ化した
味方を増やすためのマニュアルです。


ですのでもし、あなたが

取引先や上司を説得して
自分のアイデアの指示を取り付けたい。

顧客にYESと言ってもらえうように
プレゼンテーションを成功させたい。

能力の高い人をやる気にさせて
チームのメンバーに加えたい。

といったようなことを
考えてたことがあるのなら、、

是非、この新刊本を
チェックしてみてください。


↓↓↓↓↓

http://directlink.jp/tracking/af/515105/5lG70Syu/

味方を増やす「口説き」の技術
G・リチャード・シェル/マリオ・ムーサ著
期間限定
(90日間返金保証)

ザ・ローンチ ジェフ・ウォーカー著 [本]

ザ・ローンチ

著者:ジェフ・ウォーカー著

あなたは「プロダクトローンチ」
という言葉を耳にしたことはありますか?

プロダクトローンチというのは
インターネットを使って短期間で
爆発的に売上をあげるための販売手法です。

こう言うと「なんだか怪しい」と思う
かもしれませんが、実は既存の売り方に
「ある要素」を加えた方法に過ぎません。

もちろん、日本でも使われている
効果実証済みの非常に優れた方法です。

このプロダクトローンチを学ぶには
今まで開発者のジェフ・ウォーカー氏の
高額プログラムに参加するしかなかったのですが

今回はジェフが直々に本を書き下ろして
非常に安価にプロダクトローンチについて
学ぶことができるようになりました。

インターネット販売を考えているなら
まさに必携の書と言えます。

個人的にも大変オススメの本なので
是非、今すぐチェックして欲しい1冊です。


http://directlink.jp/tracking/af/515105/3vXxo39Z/

「右腕採用力」養成講座 [本]

いつも訪問ありがとうございます。

本日は、書籍の紹介です。

毎年毎年右肩上がりで伸びていく会社と
そうでない会社の違いは何でしょうか?

それは優秀な右腕の存在です。

優秀な右腕は責任を持ってくれるので
業務上の細かい判断や
トラブル対応といった問題に
社長自身が頭を悩ませる必要はなくなり

社長は本来の仕事である経営に
専念することができるのです。

中小企業にそんな優秀な右腕は来ない。
もしかすると、
そう思われるかもしれませんね。

確かにあなたに代わって事業を大きく
してくれるような右腕は来ないでしょう。

しかし、1億円規模のビジネスなら
回せる右腕は世の中にいくらでもいます。

それに右腕がいると
仕事が楽になるのも事実です。

問題はその人材が見つかるかどうかです。

もし、優秀な右腕が欲しいなら、、
是非、この本をチェックしてみてください。

↓↓↓↓
http://directlink.jp/tracking/af/515105/XCxTQFcz/

海外ユーチューバーが教えるYouTube集客術 [本]

いつも訪問ありがとうございます。

もしあなたがYouTubeで、

・新規顧客を獲得して売上アップに繋げたい。
・チャンネル登録者のたくさんいる自社メディアを構築したい。
・個人や会社をブランディングしたい。
・新しい広告媒体として関心がある。

のなら、、、

この新刊本、
「海外ユーチューバーが教える YouTube集客術」は
あなたにとって非常に役立つ1冊になることでしょう。

http://directlink.jp/tracking/af/515105/g85H602H/

2011年、米Googleが発表した情報によると、
過去1年間の動画再生回数が1兆回を超えた
巨大人気動画共有サイトのYouTube。

世の中には寝ても覚めてもYouTubeを見ている
YouTube中毒の人までいる。


さらに、米シスコが2014年に発表した
VNIレポートによると、

スマートフォンやタブレット端末の普及や
ネット回線の高速化で、ビデオを見る人が増加し
2018年にはほぼ8割の通信がビデオの閲覧になる、
と予測するなど将来性も十分。

どうやらYouTubeはすごそうだ、と
あなたはきっと新しい集客の手段として
YouTubeを試してみたくなったと思います。


ところがです。


試しに頑張って動画を作って
YouTubeに投稿しても
思ったほど反応がないことが分かります。

それどころか、動画を見てくれるのは
既存のお客さんのうちの一部の人だけ。

それでも何事も継続が大事と
成果のないまま何カ月も頑張っている。
という状況の人もたくさんいます。

なぜ、こんなことになってしまうのでしょうか?


それは、、、

↓↓

http://directlink.jp/tracking/af/515105/g85H602H/



なぜ、議論をしてはいけないのか? [本]

いつも訪問ありがとうございます。

よくあるミーティングや会議中。

あなたは部下や後輩に、
こうすればもっといい仕事ができる、
いい結果が出るだろうと思って
助言やアドバイスをしたところ、

意見に耳を貸さないどころか、
あろうことか反発して口論になってしまった。
なんて経験はありませんか?


一体なぜ、こんなことが起きるのでしょうか?


その原因はほとんどの場合、説得や議論という
情報伝達の手段に問題があります。

一見、議論というのは
建設的な話し合いの場であるように見えるのですが、

一歩間違うと建設的どころか
意見や価値観の押し付けにつながってしまいます。


というのも、人間は
誰しも自分のやっている事は正しい。
と考えています。


皆、誠実に仕事をしているのです。

ですので、話し合いの中で
相手と見解の食い違いがあると、

誠実に仕事をしている
「自分のやっていることが正しく、
したがって相手のほうが間違っている」
と思ってしまうのです。


それなのに、誰かから
「間違っている」と指摘されると、
その人を自分の「敵」だと感じてしまいます。


そして、そんな状態のときに
自分の意見を押し通してしまうと
相手と対立して、

議論には勝っても人を動かすことには失敗する。
という結果にしかなりません。

では、どうすれば人は動くのでしょうか?


この本「リアル・インフルエンス」によると、、、

http://directlink.jp/tracking/af/515105/4DAbtmdh/


脳科学マーケティング 100の心理技術 [本]

脳科学マーケティング 100の心理技術

人の脳は不思議なもので私達の行動は
そのほとんどが無意識の内に決定されています。

実際、朝起きて、必死に考えてから
服を着て会社に行くという人はいないでしょう。
行動の95%は無意識に支配されているのです。

この95%の無意識の力を広告・販売戦術に
活用することはできないのか?

そう考えたのが、人気ブログ
「Neuromarketing(ニューロマーケティング)」
の執筆者、ロジャー・ドゥーリーです。

彼はカタログ販売のマーケターとして
頭角を現す一方、脳科学に興味を持ち、

最新の脳科学をマーケティングに応用した
「ニューロマーケティング」を研究。
この分野の第一人者となりました。

そして、このニューロマーケティングの
数々の研究結果をまとめたのが、この本
脳科学マーケティング 100の心理技術です。

価格が脳に与える影響やケチな人に売る方法
男性脳、女性脳の攻略法、などなど、
心理学や行動科学を元にした
大変興味深い心理テクニックが満載です。

非常にオススメの本なので
今すぐチェックしてみてください。

http://123direct.info/tracking/af/515105/Lcij7go5/

月刊ビジネス選書・初月無料お試し [本]

臆病者の起業法 もしあなたが起業を考えていて さらに、

・お金をムダにするようなリスクは絶対にイヤだ
・仕事を辞めて全財産を危険にさらすなんて考えられない
・独立して自分でビジネスを始めるのは魅力的だが、うまくできるか分からない
・自分の行動に責任をとるのは当然だが、間違いを人に知られるのはイヤだ
・ときどき素晴らしいアイデアを思いつくが、どうしたらいいのかわからない

といったことに当てはまるなら、
この新刊本「臆病者のための科学的起業法」が
非常に参考になるかもしれません。

大半の新規ビジネスは、
ほんのわずかな過ちで失敗に追い込まれます。

しかし、そういった過ちの中身と、
過ちを回避する方法も学べば
失敗のリスクを大幅に減らすことが可能です。

この本の著者、マイケル・マスターソンは
10社以上年商10億円のビジネスを起業して
成功に導いてきた経験から

たとえ臆病者でも不安を打ち消し、
前に進む方法を見つけ出しました。
その方法を記したのがこの本というわけです。

そしてなんと今ならこの本が無料で手に入るそうです。
非常にオススメの本なので是非チェックしてみてください。

http://123direct.info/tracking/af/515105/ThXYQjIa/

期間 8/26(月)~9/4(水)








広告スペース
Copyright © 役立つ情報と雑記 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
Designed by KAETENテンプレート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます